とにかくクレジットカードが欲しい人の審査基準

自己破産手続が認められると全ての債務が無くなります。

しかし、一方で自己破産手続には、様々な公的なペナルティーがあることは致し方ありません。

自己破産手続の公的なペナルティーは破産手続中に限り一部の公民権が制限されますが、手続が完了すると殆どの公的なペナルティーは解除されます。

しかし、5年間に限りクレジットカードやカードローンなどの金融サービスを受けられなくなります。

この様な公的なペナルティーは自己破産手続だけではなく、延滞や金融事故・任意整理・民事再生手続をした場合も同様です。

そして、公的なペナルティーの5年が過ぎても、業者によってはクレジットカードやカードローンなどの金融サービスを受け付けてくれません。

特に、過去の自己破産手続や金融事故・任意整理・民事再生手続・延滞などで直接の被害を受けた業者は、一生の間、クレジットカードやカードローンなどの金融サービスを受け付けてくれない可能性があります。

只、その様な直接的な被害を受けていない業者については、5年経過後に金融サービスを再開する場合が考えられます。

従って、その様な5年の公的なペナルティーが明けたばかりの人や、他の理由で審査に自信が無い人は特に注意が必要になります。

そこで、その様なケースの人で、とにかくクレジットカードが欲しい人は消費者金融会社のクレジットカードにトライすることをお奨めします。

現在、大手消費者金融会社の中では、アコムがクレジットカードの発行を続けています。

従って、5年の公的なペナルティーが明けたばかりの人や他の理由で審査に自信が無い人で、とにかくクレジットカードが欲しい人はアコムのクレジットカードがお奨めです。

勿論、誰でもが審査を通過できる訳ではありませんが、他のクレジットカードよりは審査を通過する可能性が高いと言えます。

しかも、アコムの審査の回答が早いことは、申込者にとってはありがたいことです。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

自営業者の審査基準

カードローンの場合は、自営業者に対するカードローンと会社員や公務員に対するカードローンは完全に区別されています。

そのため、通常のカードローン商品の他に、自営業者や中小企業の経営者向けの事業者ローンやビジネスローンが用意されています。

また、貸金業法の総量規制についても、自営業者や中小企業の経営者向けの事業者ローンやビジネスローンは対象外になっています。

つまり、カードローンの場合は、自営業者に対するカードローンと会社員や公務員に対するカードローンの審査基準は全く異なっていることを意味しています。

一般的に自営業の人の審査基準は、公務員や上場会社の社員よりも厳しくなる場合が多いのです。

その理由は中小零細企業は事業の安定性に欠ける為、企業の将来の存続の可能性が低いと見られてしまうからです。

その結果、経営者の収入が公務員や上場会社の社員に比べると安定していないと見なされる訳です。

しかし、クレジットカードの審査は、自営業者に対してカードローンの様にネガティブではありません。

勿論、クレジットカードのショッピングの限度額が公務員や上場会社の社員よりも低く設定されることは考えられますが、自営業者という理由でクレジットカードの審査に落ちることは考えられません。

特に、デパート・スーパー・コンビニ・鉄道会社・ネット通販などの流通系クレジットカードの場合は、自営業者という理由でクレジットカードの審査に落ちることは無いと思われます。

一方、日本のクレジットカード会社では考えられませんが、外資系のアメリカン・エキスプレス・カードは一律に自営業の審査基準をマイナス評価することはありません。

アメリカ社会の企業経営者に対する見方が、日本の中小零細企業の経営者に対する見方と相当違っていることが解かります。

企業経営が上手く行った場合のカードの利用を考えているのでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ